マイルの正しい使い方おすすめ5選。海外旅行や世界一周もできる。

投稿者: | 2017年7月7日

SFC会員になると マイルの貯まり方も グンと貯まってきます。

ポイントサイトと合わせると あっという間に10万マイルは超えます。

貯まったマイルの使い方は人それぞれですが せっかく貯めたマイルなので

有効的に使いたいですよね。

正しいマイルの使い方とは

ANAマイルの使い方で特におすすめの5選

国内線特典航空券

 マイル数によって国内線の航空券に変えられる(片道5,000マイルから)

国際線特典航空券

 マイル数によって国際線の航空券に変えられる(片道12,00マイルから)

提携航空会社特典航空券

 スター アライアンス加盟航空会社運航便をご利用になれます。

 各航空会社の自由な組み合わせが可能です。

 往復15,00マイルからの利用で 片道での利用はできません(2015年7月現在)

国際線アップグレード

 エコノミークラスがらビジネスクラス、ビジネスクラスからファーストクラスへと

 ワンランクアップ(片道12,000マイルから)

マイルをANA SKYコインへ

 1マイル単位でANA SKYコインへ交換可能で 国内線・国際線の航空券の支払いや

 国内・海外の旅行商品の支払いができます(10コイン=10円)

 

私の場合、国際線特典航空券を一番多く使います。

やはりマイルの醍醐味は ただで海外旅行に家族で行くことだと思います。

子供などはクラブ活動で忙しく なかなか休みが合わなくなってきてますが

それでも 2年に一度は家族で海外旅行へ行くようにしています。

多分・・・・喜ばれています。

それ以外の場合は夫婦で行ったり、最近は友人と現地集合など一人で行くことも多くなってきています。

 

実は あまり知られていないと思いますが マイルで世界一周ができちゃいます。

世界一周なんで別に・・・・・ですよねぇ。時間も取れないし・・・・・

ですが、普段の生活では絶対に考えませんが マイルで行けるなら人生の中で

あまり行くことがないような場所へ行って見たくないですか?

ANAには世界一周特典航空券」というものがあるんです。

ANAとANA系列のスターアライアンス加盟航空会社が使えます。

エコノミークラス

ビジネスクラス

ファーストクラス

から選べます。

「世界一周特典航空券」には ちょっとしたルールありますあります。

1 太平洋、大西洋を1回ずつ飛行機を利用して横断する必要があります。

2 ルートは東廻りもしくは西廻りとし、途中で反対周りにはできません。

3 出発した国と同じ国に帰ってくるルートになります。

4 世界一周の旅程は、飛行距離の合計から必要マイル数を算出します。

私が行きたいルートを計算すると トータル24,000mileくらいでした。

東京→バーレーン→エジプト→パリ→ニース→マイアミ→ホノルル→東京

エコノミーだと85,000マイル

ビジネスクラスで125,000マイル

ファーストクラスで200,000マイル

どうですか? ビジネスだとすぐにでも行けそうですね。

ちなみに単独で国際線特典航空券を使うと 

ロンドンやパリにビジネスで行くと 95,000マイル必要です(往復)

欧州へ2回(2往復)行くとしたら190,000マイル必要で 

なんと世界一周よりもマイルが必要です。

世界一周の時間やまとまった休みが取れない場合は 国際線特典航空券の

ストップオーバーが断然お得です!

(ストップオーバーとは、基本的に「目的地へ向かう途中の乗継ぎ地で24時間以上滞在すること」を言います)

ストップオーバーは 2か国、3か国をゆっくり観光やバケーションするのに最適です。

 

スターアライアンスのサイトでルートを入れると距離が出るので参考になります。

けっこうおもしろいです。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 staralliance.com/

このような予定? 目標みたいにサイトで遊んでいると

マイルを貯める励みになります。(やる気スイッチが入ります)

 

予約に関してはANAウェブサイトではご予約になれません。

ANAマイレージクラブ・サービスセンターにご連絡ください。

詳しくはANAのHP内にありますので ご覧ください。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ana.co.jp

 

 

ぜひ、貯めるだけではなく 実際に使う楽しさを見つけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です